住宅ローン借り換えは安心できる金融機関で

banner

元金利返済と安心できる金融危機について

a0002_005490
住宅ローンには返済方法がいくつかあります。ここでは元金均等返済について紹介していきましょう。元金均等返済は、毎月の返済金額のうち、元金は毎月一定金額払い、そこに利息が上乗せされるという返済方法です。住宅ローンの返済総額が安くなるというメリットが有ります。しかし返済当初の返済額が大きくなっているので、負担が大きいかもしれません。住宅ローンの返済が延滞されてしまった場合には、住宅を手放すことになるかもしれません。そういったことを考慮した上で返済方法を選択する必要があります。返済当初の負担が大きい分利息として支払う金額を少なくすることができるので、返済総額は少なくなるということになります。

元金均等返済の他にも元利均等返済というものがあります。元利均等返済は毎月の返済額を一定にしている方法です。元金均等返済に比べて返済当初の返済額が少なくなりますが、利息として支払う金額が大きくなってしまうので、最終的に支払う金額は大きくなってしまうことになります。結局多くの金額を払うことになるので生活が苦しくなるということもあるでしょう。自分の将来の収入なども考慮して返済計画を立てる必要があります。

返済期間中に予想外の出費がある場合

a0002_000866
もし返済が滞った場合にはそれなりの責任が問われるということを理解しておく必要があります。住宅ローンの場合には半年以上返済ができない場合には、住宅を競売するなどの処理をされることになります。元金均等返済は返済当初の返済額が大きくなるので、その分返済ができなくなる危険性は大きくなってしまいます。返済期間中に予想外の出費も考えられるので、余裕を持って返済できるように計画しておく必要があります。

元金均等返済のメリット・デメリットを考慮した上で選択する必要があります。自分にあったローンを選択するというのが返済が滞らないようにするために重要なことになります。

住宅ローンには変動金利型というものがあります。変動金利型には大きなデメリットが有ります。それが金利変動の影響を受けるということです。金利の変動によって返済総額が変わるので、将来の返済計画を立てにくいでしょう。金利が下がって返済額が減った場合にはメリットが大きいですが、金利が上がった場合には返済額が増えてしまいます。住宅ローン借り換えるならホムロンで、返済シュミレーションを組んでもらうと良いでしょう。

日本は今低金利の時代

日本銀行券
このように変動金利型は返済額が増えることもあれば減ることもあるということになります。現在日本は低金利の時代です。そのためこれから金利が下がるというよりは、金利が上がる可能性の方が高い状況にあります。低金利の時代に変動金利を選択するというのはあまりメリットの大きいことではないということがわかります。

住宅ローンを2000万円、年金利2%の変動金利で借り入れたとしましょう。当初は年40万円を利息として支払っていることになります。しかし金利が上昇してねん金利6%まで上昇したとすると、年間利息は120万円になります。金利の変動によって支払額が大きく変わるのです。毎月の返済額によってはいくら払っても利息ばかりで元金が減らないという状況になる可能性もあるでしょう。

もし変動金利型の住宅ローンを選択しようと考えている人は、現在の状況をよく考えておく必要があります。契約してから金利が上昇して後悔をする事のないように、検討しておきましょう。万が一金利が上昇した場合にはどうするかも考えておいたほうがいいでしょう。

Copyright(c) 2013 住宅ローン借り換えは安心できる金融機関で All Rights Reserved.